多和地区について

多和地区は、香川県さぬき市の南部、阿讃山脈の懐にあり、自然豊かなお遍路文化が根付く、徳島県との県境に位置する場所です。

 

四国八十八ヶ所結願寺の大窪寺があり、お遍路さんの姿を見ることができ、源平合戦ゆかりの伝説が伝わる地区でもあります。

 

2012年に多和小学校が閉校し、地元の人たちが思い出の小学校を残そうと立ち上がりました。2013年に旧小学校の敷地に地元の野菜やそば・うどん、どぶろくなどを販売する『多和産直 結願の郷』がオープン。

 

2016年には旧小学校の校舎を利用した世界初の『天体望遠鏡博物館』がオープンし、多和地区はますます元気になっていってます。

■写真について

四国八十八ヶ所88番札所大窪寺

力石記念碑

多和産直 結願の郷

天体望遠鏡博物館

■多和地区の魅力ある自然・歴史

 こちらをご覧ください。

「多和マップ」配布中

 多和地区の魅力が詰まったマップを発行し配布中です。

 配布先は、多和産直 結願の郷や天体望遠鏡博物館、多和地区内のお店や旅館、さぬき市内の観光施設などです。

 ぜひ、お手に取って、多和地区を散策してみてはいかがでしょうか。